Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ZOIDS】Don't paint it Black!

まだ購入できていませんが、ダークホーンのパイロットまとめ。
平成版に登場したのはたぶんこの2人。モミー?知らんがな。

1009271.jpg

ペール・ジョルドット(左)
ガイロス帝国軍技術部所属の中尉。陽気な性格で女好きな名物テストパイロット。
ZAC2100年初頭、次期主力ゾイド選定のための模擬戦で、黒塗りのレッドホーンGCを駆りリッツのジェノザウラーと交戦するもその圧倒的な戦闘力の前に乗機は撃破され、自身も負傷してしまう。
>公式ファンブック2、バトルカードゲーム第3弾に登場。

クーリム・リン(右)
ガイロス帝国軍第1装甲師団第1突撃大隊所属の少佐。愛機は本土防衛部隊に少数配備されたダークホーン。
若き名将カール・L・シュバルツ中佐の命を受け、帝都ヴァルハラの守備に付き摂政ギュンター・プロイツェンの動向を探る。ZAC2101年の帝都崩壊での安否は不明。
>公式ファンブック3(エースパイロット名鑑)、バトルカードゲーム第3弾に登場。

----

ペールはFB2のエースパイロット名鑑で階級が少尉で、セイバーATに搭乗となっていたのですが、本編の記述(中尉でレッホGCに搭乗)優先でこちらは誤植だと判断。
搭乗していたレッドホーンGCは黒とシルバーに塗り分けられたもので、外見はほとんどダークホーンでした。

クーリムはバトカでダークホーンの専用パイロットとしてデザインされたキャラ。
ダークホーン自体はEB4で何機か登場したので、本土の部隊には配備されていたのだろうと想像。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Y256

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。