Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

MSSコマンドウルフ

組み立て記事に続きまして、簡易レビュー記事です。

MSSコマンドウルフ
まずは汐山このむ先生のパッケージイラストをイメージしてジオラマ。

イラストでは見下ろしているポーズなのですが、キットの首ではこれが限界でした。
ジオラマベースはサーベルタイガーのもので、背景はフリー素材です。

以下、ジオラマ多めですが簡易レビュー。
MSSコマンドウルフ
MSSシリーズ8作目。
トミー版のコマンドウルフをよく再現しています。

MSSコマンドウルフ
各所に配置されている動力パイプはすべてパーツ分割されており塗装済みになっています。
場所によっては抜けやすくなっているので、接着してしまってもいいかもしれません。

MSSコマンドウルフ
デザイン的に首の下方向への可動は弱いですが、脚の可動範囲が広いのでトミー版のような下を向くポーズを取らせることが可能です。

MSSコマンドウルフ
上方向への可動範囲は広いです。

MSSコマンドウルフ
全体的にバランスは良いのですが、唯一、ちょっと気になったのが前脚の長さ。
二の腕部分(画像左・赤部分)がトミー版よりも長く、間延びしている印象を受けます。

キット自体が小さく、ポーズを取らせている分には気にならならない程度なので欠点というほどではありません。
もし切り詰めるなら画像右くらいのバランスにしてみたい。

MSSコマンドウルフ
付属のジオラマベースは草原。
遠吠え用らしき岩が配置されているだけで、癖がなく繋げやすい造形といえるでしょう。

MSSコマンドウルフ
シールドラーガーに随伴。
組み立てに時間もかからないので、サクッと作ってシールドライガーのお供にどうぞ。

MSSコマンドウルフ
共和国軍の前進!
シンカーにグレートサーベルと、帝国側ラインナップが続いたMSSシリーズ。ここからは共和国軍の反撃です。冬にはサラマンダーも。

MSSゾイドはキット単体で撮影するよりも、ジオラマに並べて撮影するのが楽しいシリーズです。

MSSコマンドウルフ
コマンドウルフ出撃!
1枚目に載せたパッケージ風画像の照明なし・画像加工なしバージョンです。
個人的には闇夜の出撃っぽくてこちらのほうが好み。


以上、MSSコマンドウルフでした。
シールドライガーMk-IIに合わせたNEWカラーもいずれは発売してほしいところ。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。