Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【GWN】BO04の紫感想

4弾の紫カードの感想です。

今弾は最後の主人公機が収録ということでか、かなり強化された印象。
◇ガンダムAGE-3(ブラスティアキャノン)
必殺仕事人。6国なのでプレイするにも改装するにも相手に読まれやすいですが、その辺を逆手に取って煽っていきたい。
存在することですでに仕事をしているタイプ。

◇ガンダムAGE-3フオート
ロールが弱点だった紫に突如登場したロール完全ガード。
専用機を維持したいキオ機において、破壊無効が内蔵されているのも心強い。

◇ガンダムAGE-FX
数字ゲーの達者にして次世代エースとしての素質十二分。
デザイン的にはバイオZに近い感じで好印象で、Koma先生のイラストも非常に格好良い。しかしなぜ、レギルスはコレクタブル化する予定なのにこちらはないのだ…。

◇クランシェカスタム
今弾で最も期待しているカード。
紫の弱点の一つだったロールへの回答であり、供給の採用枚数を調整できるためデッキパワーの底上げにも貢献している。
戦闘力が多少貧弱なのはGエグゼスの頃からなので仕方がない。

◇クランシェカスタム(飛行形態)
クランシェ系の価値を高めたカード。
共有による引き込みとクロスウェポン対象になるほか、Gエグゼスが持っていたクイック要員としての立場も獲得。非常に小回りが効く。
クランシェ系はこのカードありきと言っても過言ではない。

◇クランシェ(シャナルア機)
ダメージを受け流す効果だが、自身が非常に脆いので、火力を連打されると効力が切れてしまう恐れあり。
アンチ火力というよりはユニット版「運命の奔流」のような立ち位置。

◇キオ・アスノ
「破壊無効とかモウヤメヨウヨ」。
クワトロやベルナデットほど器用ではないが、その分コスト比戦闘修正はなかなか。
芸が広そうに見えて、実際は自分を戻して本国6枚増やすプレイが多そう。

◇ウェンディ・ハーツ
アンチ火力のテキストはフラウを連想させて非常に幼なじみしている。

◇セリック・アビス
長々書いてあるところが「戦場のホームズ」っぽくて良いが、実際ゲインと大差なく、カード的にはウルフ《01》の亜種。

◇シャナルア・マレン
お姉さんのドローで両軍捗る。特殊効果の一つでもあればだいぶ良かったのに…。
ウェンディじゃなくてこっちに供給付けるべきだろう(

◇ガンダムと共に
なぜ題前半の「キオの決意、」を取ったのか、今回最大の謎。
サーチが種類、枚数共に煮え切らず、女帝降臨との差に唖然。
AGE3デッキを作るなら採用してもいいかもしれない。

◇裏切り者
枚数アドは失うが、手札を覗けるのは大事。致命的なカードを削ぎつつ前進すべし。
3国力だが、白い狼のように構えなくて済むので使いやすい。

◇アビス隊
グラフィックデッキからようやく脱却しはじめたタイミングで、雑すぎるデザイン。
Cファンネルにキャントリップを付ける仕事が微妙に存在するが、いかんせんコマンド力が低すぎる。

◇AGEビルダー
クランシェカスタムとこのカードのおかげでコストの無駄が無くなった。
どう動いても討死するばあいなど、さくっと引き逃げできる。


紫(AGE)はすべてが初収録であり、イラストも全書き下ろし(使い回しが多発する昨今、重要)なので新鮮です。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Y256

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。