Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C524]

素晴らしい改修ですね!
旧ゾイドが最大限にかっこよく見えます

前後足首の引き出し式関節はどのようにして埋めこんだのですか
また、ボールジョイントは何で接着したのですか?

参考にしたいので教えて下さると嬉しいです

[C525] >

ありがとうございます。

前後足首の引き出し式関節については後で詳しく記事にしようと思います。

ボールジョイントは力のかかる部分なので、プラリペアで接着しました。

参考になれば幸いです。
  • 2013-02-23 00:57
  • Y256
  • URL
  • 編集

[C526]

かっこいい改修です

引き出し間接の説明楽しみにしています
これでサーベルタイガーも可動問題は解消ですね

[C527] >

ありがとうございます。

サーベルタイガーのデコマスを見る限りシールドライガーよりは自由度があるように見えますが、どうなるでしょうか。
  • 2013-02-28 23:31
  • Y256
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ZOIDS】MSSシールドライガー(改修編)

MSSシールドライガー
同時発売のハンマーロックに比べてイマイチ煮え切らない部分が多いシールドライガー(個人的な感想)。
今回は気になった部分を修正してみました。

MSSシールドライガー
せっかくの旧キット基準の成型色ということで、今回は無塗装で、シルエットも変更せずに可動範囲と再現度の向上を目指しました。

【装甲の肉抜き】
MSSシールドライガー
脚部装甲の裏にある肉抜き。
特に後脚は目立ってしまう位置なので処理します。

MSSシールドライガー
塗装前提の改修の場合パテなどで処理するのが普通ですが、今回は成形色をそのままにしたいのでランナーを使ってみました。
使うのは装甲色と同じEランナー(スカイブルー)のネームフラッグ部分。裏から見るときれいな平面になっているのでこの部分を使用。

MSSシールドライガー
前脚は肉抜きが細いので、ネームフラッグを差し込んで切り取り、ナイフで成形。

MSSシールドライガー
後脚は肉抜きの大きさを測り、ぴったりザイズのフタをネームフラッグから切り出します。
ランナーくずを詰めて高さを調整したあとにフタをはめ込みます。

MSSシールドライガー
これで装甲の肉抜き処理は完了です。
パテ処理に比べて分割線が残ってしまいますが、キットそのままの状態より格段に目立たなくなりました。


【足首の可動範囲拡大】
デザイン上足首の可動範囲が狭くポーズを取らせ辛かったので引き出し式の関節を入れてみました。

MSSシールドライガー
前脚は引き出し式関節と市販ジョイントによる多重関節。
キットのボールジョイントにコトブキヤのHジョイントを接続して横にスイングをできるようにし、3mm軸による引き出し関節としました。

MSSシールドライガー
後脚は前脚に比べてスペースの確保が難しかったため、3mm軸による引き出し関節のみ。
引き出し関節を入れるだけでかなり関節の自由度が上がるため、わざわざHジョイントを使わずに前後ともこの構造でいいかもしれません。

MSSシールドライガー
横スイングのおかげで、脚の付け根の限界可動範囲までついていけます。

MSSシールドライガー
引き出し式なので元のデザインを崩すことなく可動させることができます。
製品でこのくらいの状態だとうれしいのですが…後続キットに期待したいところ。

MSSシールドライガー
アニメのようなシュッとした立ち姿もばっちり。


【首の可動範囲拡大】
下にしか動かない首関節を市販パーツで上左右方向にも動かせるようにしました。

MSSシールドライガー
元のパーツをノコでばらしてHジョイントを2つ連結させて埋め込み。
ざっくりと接着したため、配置についてはもうちょっと考えたほうがよさそう。

MSSシールドライガー
横方向にはかなり、上方向にはマシなくらい可動。

MSSシールドライガー
足首の改修と合わせて少しは咆哮らしいポーズが取れるようになりました。


【顎キャップと口内】
ハンマーロックの胸キャップは再現されているのにシールドライガーの顎キャップが再現されていないのが気になったのでオマケで再現。
合わせて、タカラトミー版で存在した下顎口内のパーツも作ってみました。

MSSシールドライガー
ドリルで開口し、余剰キャップを取り付けられるようにしました。
受けとなる口内パーツはAランナー(グレー)を切り刻んで制作。

MSSシールドライガー
口元の情報量がUP。ちょっとだけ男前になりました。


MSSシールドライガー
以上、MSSシールドライガーの改修記事でした。

小型モデルということで、ランナーが『同じ成型色のプラ材』のように使えて重宝しました。
改造や塗装のしやすさという意味では、これまでのゾイドにはなかった新しい楽しみ方のできるスケールだと思います。とか。

コメント

[C524]

素晴らしい改修ですね!
旧ゾイドが最大限にかっこよく見えます

前後足首の引き出し式関節はどのようにして埋めこんだのですか
また、ボールジョイントは何で接着したのですか?

参考にしたいので教えて下さると嬉しいです

[C525] >

ありがとうございます。

前後足首の引き出し式関節については後で詳しく記事にしようと思います。

ボールジョイントは力のかかる部分なので、プラリペアで接着しました。

参考になれば幸いです。
  • 2013-02-23 00:57
  • Y256
  • URL
  • 編集

[C526]

かっこいい改修です

引き出し間接の説明楽しみにしています
これでサーベルタイガーも可動問題は解消ですね

[C527] >

ありがとうございます。

サーベルタイガーのデコマスを見る限りシールドライガーよりは自由度があるように見えますが、どうなるでしょうか。
  • 2013-02-28 23:31
  • Y256
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Y256

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。