Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

10年、疎遠になったことはあるけれど…

10年前…

好調のアニメシリーズと品薄状態の新作ゾイド。
中でも圧倒的人気だったブレードライガー。

コロコロ誌上で連載されていたバトルストーリー。
アンダー海海戦で共和国軍が難なく勝利するだろうと思っていて、それが裏切られたときのインパクト。
真面目にプロイツェンの辣腕ぶりにイラつきました。
そのくらい共和国ひいきのゾイダーだったのです。自分。

ライガーゼロやバーサークフューラーの登場とバトストのニクス大陸進出編。
ムーロアの影がちらつく頃にはアニメも終わり、気付けば世間では全盛期が過ぎていました。

3世代ブロックス以降はほとんど触ってません。
それでもRZEZキットと付属のEXファンブックは楽しんでました。
「あれは本物のゾイド乗りだ。本物が乗ったゾイドは玩具(ブロックス)じゃ歯が立たないんだよ!」
ブロックス時代はまさにアクア大尉のこの台詞に尽きます。

そしてバトルストーリーの終了。
パワーのインフレを問いかける終わり方。

その後、フューザーズやジェネシス、ネオブロックス、エヴォドライブなどが展開されるも、どうも違う印象のものばかり。

しかし昨年、ついに原点回帰を掲げ、「リバースセンチュリー」が始動。
商品展開+バトルストーリーという黄金パターンでコア層をターゲットに展開。
資料上でしか見たことの無いキングゴジュラスも手にすることができました。
TSユニットやヴァルガの登場もこのシリーズの大きな功績です。

しかしながら、やはり価格高騰の影響や「時代に合わない」という追い風にはかなわず…

2009年4月に新ゾイド10年間の歴史は事実上の終焉となりました。


最後に原点回帰という花火があったので、
ある意味幸いだったのかもしれません。
ゾイドはバトルストーリーに始まり、バトルストーリーに終わるのです。

さて…

ここからはファンのものです。

HMMガンスナイパー非常に楽しみです。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Y256

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。