Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ZOIDS】EZ-049 バーサークフューラー ヴォルフ仕様

HMMバーサークフューラーが完成しました。
デジカメの調子が悪く思うように写真が撮れないので、今回はまだ記事にしてなかった加工箇所を中心に(素体すらないです)。

HMMバーサークフューラー
EZ-049 BERSERK FUHRER WOLF ver
HMMバーサークフューラー
背面。
尻尾の装甲は合わせ目を処理し、隙間の目立つ横面内側を幅増ししました。通常時の一体感が上がったでしょうか。

HMMバーサークフューラー
頭部。
鼻っ面の5本スリットは、タカラトミー版を意識して上下を削ってつなげました。
フレームは説明書の塗装見本を参考にダークグレーとガンメタルで塗り分け。

HMMバーサークフューラー
バスタークロー展開。
刃の部分は分割を考慮してかHMMデザイン画よりもごちゃごちゃしていた(先端の分割線や丸モールド)ので、埋めてデザイン画に近づけました。
ジェノブレイカーよろしく一部をライトガンメタルで塗り分け。

HMMバーサークフューラー
『ティラノ型ゾイドの完成体、バーサークフューラー。その必殺兵器の高回転ドリル「バスタークロー」は、ゼロの装甲を貫き、シュナイダーの刃さえへし折った。』(公式FB3より)
刃の部分を回転させてアニメのようなドリル状態にすることができます。

HMMバーサークフューラー
脚部アーマーは目立つ場所に合わせ目がきてしまうので、フレームパーツ(G29)を中央で分割してから接着しました。
CASの着脱が容易でポロリもしないのでお勧めしたい処理。

HMMバーサークフューラー
脛アーマーのダクトはモールドすらなかったので開口しました。

HMMバーサークフューラー
キットには「ガイロス帝国」「プロイツェンナイツ」「鉄竜騎兵団」のデカールが付属しますが、今回はガイロス帝国マークを選択。
バトルストーリーの『帝国マークを付けたゾイド同士の戦い』という記述が印象的でしたので、そちらのイメージで。

タカラトミー版やHMMデザイン画の位置に貼ると、ちょうど装甲の分割部分。
ガイロスの紋章を真っ二つにする配置が意味ありげでお気に入りです。

HMMバーサークフューラー
パイロットは公式ファンブック3よりヴォルフ・ムーロア(ver.2)。
タクティクス版設定画を参考に、パテから削り出しました。

外見はノーマルでもヴォルフが乗っていれば”ヴォルフ仕様”なのです(言い切り)。

コックピットはベガ専用のチャイルドシート状態だったので、取り外してプラで作り直しました。
もちろん一般兵士も搭乗可能です。


今回はこんな感じ。
いずれ素体なども含めた記事も書きたい。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Y256

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。