Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【GWN】第3弾カウントダウン(最終週)

公式ホームページではネグザグランプリの情報や新しいプロモパックも公開されているガンダムウォーネグザ。
既にいつもの通販サイトで3弾のカードリストが公開されていますが、本日までは公式のカウントダウン基準で。

最終6週目の公開カードとプロモパックVol.7の感想になります。


ゲルググキャノン(ブレニフ・オグニス機)
デュナメストルペードを彷彿とさせる火力効果内蔵のユニット。
デュナメストルペードシャアが来る!内蔵だったのに対してこちらは赤い彗星内臓。
戦闘力はゲルググキャノンよりゲルググに近い感じで、スーパーガンダムガンダムDXのように同国力帯ユニットよりも戦闘力は低め。

5国力の砲台要員に出番があるかどうかは疑問だが、撃墜王特有の「専用機セットがあればコスト0」が付いているので、可能性があるとすればそちらで。

ザビーネ・シャル
前週のトビアはデッキに噛みあった良デザインと書いたが、こちらはそういう意味ではパッとしない。
主力ユニットが4国力以上のクロスボーンにおいて1国力である点が活きる場合は多くはないだろう。それなのに無視できないデメリットを抱えているのはいかがなものか。黒単ZETAにおけるエマ・シーンがいかに優秀だったか再認させられる。
ただしクロスボーン・ガンダムX1クロスボーン・ガンダムX2など4[2]戦闘配備のユニットとの相性は、キンケドゥトビアよりも良く、即セット6/6+αというセットグループを形成できる。1コスト残るためにデメリットも起動しない。

 クロスボーン・ガンダム《SP》+トビア→残り2コスト(クロスウェポン)
 コア・ファイター+キンケドゥ→改装4国クロスボーン・ガンダム→残り3コスト(キンケテキスト+クロスウェポン)


上記のパターンに比べると、見劣りするが現状のプールでは選択の余地もあるかもしれない。
もちろん、赤の高速デッキが誕生する日がくれば、ランバ・ラルの如く活躍することでしょう。

アストレイゴールドフレーム天
部隊戦闘力を低下させる能力を持ったアマツ。
ユニット1枚分の戦闘力が加算されなければ交戦ではかなり有利ですが、このカードの合計国力は6。かなり手遅れです。
Zガンダム(バイオセンサー)なら対象のユニットをロールさせられますし、ジ・Oマスターガンダムなら対象を粉砕してます。

ガンダムX(ジャミル機)
クロスウェポンでサテライトキャノンの一斉射を再現したジャミル機。
しかし、ガンダムX系はクロスウェポンのコストが重く、起動までに3コストかかるものばかりで実際に一斉射できるほどの余裕があるかは疑問。

ユニット数を参照にする火力効果ということでガザC(ハマーン機)と相性が良く、デスビースト系の展開や死の包囲網秩序を乱すものを絡めてデッキが組めそうです。

GXビット
イライジャ専用ジンのように特定のユニットを強化できるビット。共有が付いているので札を減らさずに展開できます。
上記のようにX系のクロスウェポンは多少使い辛いのですが、札を減らさずに出せる軽量ユニットかつ終盤に化ける可能性があるので構築次第では侮れない存在に……?

ガブスレイ[フギン]
共有と展開を持つガブスレイ用ガブスレイ。
テキストコストが安いので供給からの攻撃も容易。
群雄割拠の黒単ZETA4国力帯において、これまでになかった展開と攻撃力に特化したユニットで個人的には歓迎。

コモンなのに背景が付いているのはレアとのパズルカードであるためのようです。

対の猛襲
自軍カード1枚の合計国力以下の格闘力を持つ敵軍ユニットを破壊するリンクコマンド。
自分のカードの展開如何で威力が変わるが、基本的には「ギャプランの返しの武力介入」のような存在で、アグニ青い巨星が黒にあるようなもの。
昨今のパンプアップ環境ではそこまで驚異になるようなデザインではないのが悲しい。

ただし、リンクすればXは7や8を簡単に出せるようになるので非常に強力になる効果増強型リンクなので、相方の収録を待ちたい。

エゥーゴの蒼翼
自軍ユニットを敵運ユニットの効果から守るコマンド。青、赤、紫に名称違いの同カードが存在する模様。
バナージ・リンクス《01》のコマンド版的なイメージですが、特徴的なのはプレイ状態のユニットも守る事ができる点。
カウンター外しのような使い方ができるため、2弾ACEの恩恵が受けられない紫単などでは無二の効果となりそうです。

あまり使われないんですよね、この手のカード。敵軍ユニットからしか守れない点やハマーン・カーン《02》を外すことができない点など、既に使い辛そうな印象を受けますし。

アルヴァトーレ
ダメージトリガーで相手にカード1の廃棄を強制する効果で参戦した黄金棺桶。
合計国力は6と重いのですが、出してしまえばテキストにコストはかかりませんし戦闘配備と強襲を持っているので自己完結しています。
コロニーの落ちる日と合わせて黒紫ファルシアコロニーが面白そうです。

【プロモパックVol.7】

ミハエル・トリニティ
スローネへの速攻付与と敵軍ユニットの防御力-1のテキストをもったミハ兄。
第2効果は地味ですが、速攻キャラとしての威力は十分。スローネツヴァイスローネアインの効果と合わせてゴリ押しできそう。

ヨハン・トリニティ
スローネへの強襲付与とGのスローネをユニットとしても運用できるテキストのヨハン兄。
Gをユニットとして扱えるテキストは、高コストかつ3色に分散しているスローネ系を運用するうえで重要なテキスト。
Gが4以上あれば良いので、スローネ以外にセットしつつ4ターン目からスローネを攻撃に使ったり出来る軽快さ。

ネーナ・トリニティ
スローネへの高機動付与(敵軍ターン中)とスローネ系/トリニティをリロールさせる効果。
兄たちにくらべると第1テキストが地味ですが、第2テキストのリロール効果は使い勝手○。
供給/補給のようにユニットを立ち回らせたり、スローネ系やトリニティであるGをリロールさせたりと色々な使い方が出来そう。

アルヴァアロン
5/5チップ製造器。
一方殺取った敵軍ユニットを廃棄してもいいし、相打ちやチャンプブロックから自身を廃棄してもオーケー。
そのまま使ってもアド損し辛い上、アッシマー[ダンダチャクラ]のような能動的な破壊効果と組み合わせれば効率よくチップを製造できそう。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Y256

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。