Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ZOIDS】HMM RZ-046 シャドーフォックス

引き続きHMMシャドーフォックスの記事。
パチ組みの簡易レビュー的な。

HMMシャドーフォックス
正面から。
ランナー状態で金と銀のパーツが塗装済みなので、なかなか見栄えします。

HMMシャドーフォックス
うしろ。
近年のHMM同様、アレンジは控えめ。(背面ユニットにブースターが新設されたくらい?)

HMMシャドーフォックス
HMMコマンドウルフではあまり動かなかった首の可動は大幅に進化。
ボールジョイントどスライド関節により上下左右に動かせます。

HMMシャドーフォックス
首引き出し関節

HMMシャドーフォックス
ボディはHMMライガーゼロのような引き出し式になっています。

HMMシャドーフォックス
四肢の付け根も引き出し式になっており、オリジナル版のようなしゃきっとしたポージングから、アニメのように肩の入ったポーズまで、自由に表情付けができます。

HMMシャドーフォックス
後脚はコマンドウルフでは動かなかった関節もきちんと動く設計になってました。
HMMシャドーフォックス
脚の可動範囲が広いので腹ばいのようなポーズも難なく。

HMMシャドーフォックス
尻尾の電磁ネット砲は、オリジナル版ではリューズを兼ねていたために大きいデザインでしたが、HMMではコンパクトにアレンジされています。

HMMシャドーフォックス
コマンド比較。
ゴドスやフューラーなど最近の新規HMMキットはオリジナル版よりも大きくなる傾向でしたが、今回はきっちりのサイズでした。

HMMシャドーフォックス
背中のウェポンラックは3mm軸なのでコマンドウルフなどの武器と互換性があります。写真はコマンドウルフACのアタックユニット。

HMMシャドーフォックス
最後は、個人的にカチンときたコクピット。
フューラーに引き続き、一般兵を搭乗させることができません。
スペース的には少し削れば乗せれそうですが、コンソールは完全に取り付け不可能。
スペースはあるのに一般兵を無視する設計なのは残念。アニメ路線が嫌ってわけではありませんが、今後が不安です。

HMMシャドーフォックス
以上、HMMシャドーフォックスでした。
大きさはコマンドウルフクラスですが、ライガーゼロなどで培われた技術が各所に使われており、かなり動くキットになっていました。

最近は塗装のための時間が確保できなかったり大型キット(パンツァー、フューラー)の表面処理をグダグダとやったりしているので、このフォックスはどういじろうか(いじらないか)は考え中……。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Y256

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。