Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ZOIDS】ライガーゼロ(股関節可動化編)【HMM】

 HMMライガーゼロの記事です。
 エアーブラシのお試しもかねて、処理が終わっているパーツに塗装をしてみました。

ライガーゼロ塗装開始

 下地にを塗装してから、ガイアのスターブライトゴールドを塗装。ブース準備や片付けを考えても筆塗より遥かに手早く塗装できますし、なにより楽しい
 今まで時間をかけてコツコツ筆塗装→1作作り終えたら力尽きて長期間休憩という繰り返しでしたが、これなら好きなも物を好きなだけ作れそうな気さえします。

 レブラプターなどの他ゾイド、リボサイズのTFや改造フィギュアなど、作りたいものが日に日に増えてますが、まずはHMMライガーゼロ。
 前回の予告通り、股関節を可動化しました。
 左(または上)側がキットそのまま、右(または下)側が今回加工したものになります。

 前脚は足の根元が横に広がる構造で踏ん張ったポーズが取れますが、後脚の同じ部分はその機能が省略されてしまっていて、前脚ほど横に広がりません。
 発売当初から(若干ですが)気になっていたこの部分、今回は前脚に似せた構造を入れてみることにします。

ゼロ股関1
 まずはE16とE17の赤い部分を切り取り、写真のように5mm角柱に接続できるようにします。
 5mm角柱は角を落とし、2mmの金属線で接続しています。尻尾の工作で余ったアルミ線を使ってみたのですが、一方が曲がって抜けなくなってしまい塗装し辛くなってしまったので、真鍮などのほうがよさそうです。

ライガーゼロ股間工作
 本体の下半身パーツ(B1+B3)に上記の角柱を通す穴を開けます。
 元の穴の位置には関節のストッパーとして市販パーツを組み合わせたものを接着しました。

ライガーゼロ股間工作
 組み立てるとこんな感じ。
 今回は一番簡単と思われる方法で作ってみましたが、多少デザインが変わってしまうので、気になる方は前脚と完全に同じ構造を再現してみるのも手かもしれません。

ライガーゼロ股間工作
 これで前脚同様、後脚も横に広げることが可能となりました。効果のほどは完成時の記事で触れる予定です。

 今回はこんなところになります。
 次回はいよいよHMMライガーゼロ最大の問題点(個人主観)に手を加えたいと思います。

◇HMMライガーゼロ関連リンク◇
自在に動く尻尾編
基本工作編
・股関節可動化編
前脚改造編
素体完成編
パンツァー工作編

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Y256

Author:Y256
【ネグザ】
14都市称号争奪戦で『蒼聖の撃墜王』になりました

【ゾイド】
HMM・MSS休止…悲しい

カウンタ

記事検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。